« モアレ 入荷 | トップページ | アニマルバッグ »

bonds of quilt

絆のキルト

高齢のお母様のベッドに キルトを。。。

以前 ホームの病院に入っているお母様のベッドにお客様がキルトを

作り、掛けているお話とお写真を拝見させて頂いた事があります。

お母様は寝たきりだけれども、 その元気な色のキルトに皆様が

近寄り お母様に話しかけてくださる、という お話でした。

私も 親がホームに長年いた時、白いベッド 殺風景な病室に

遠くに テレビが流れていて・・・という光景に、家では介護できないと

解っていてもそこに親を預けている罪悪感を感じた事がありました。

もちろん 機能的な親身な介護をして下さってはいただいのですが、

お花を飾りたいけど 介護する側のじゃまになりそうで 

又 仕事を増やしてしまいそうで、家族側も気を使う事もイロイロと

ありました。 せめて 音楽でも流したらいいのに、なんて思ったり。

北欧のホームのように 老人一人に二人の介護人

部屋は クラシカルな家具に囲まれて 陶器の食器で食事をしている。

日本も そう なってくることを 願いたいですが、、真逆に進んでいる感。

お写真は このお話をしてみたら お客様が 「私も母のベッドに作ろう!」

と、 早速 見せていただいた 途中のピースブロック。

全て リバティです。 光沢が 上品で やはり 仕上がりが違います。

何より 針どおりが 違います。 

遠方にいらっしゃるご姉妹に1ブロックずつ布を送りパッチしてもらい 

ご主人様 お子様にも 刺してもらったそうです。

1針でも 自分が刺したキルトは 記憶に残るものです。

四方に ご姉妹のお名前が刺繍してありました。 

今日は ラティスを 選びにいらっしゃいました。

ご一緒にアレコレと布選び、ワクワクとして 楽しい一時、

キルトの行く先が解っているので 出来上がりの皆様の笑顔を

想像したり、きっと 集まったら このキルトのお話で一つ花が咲くのでしょうね

お母様はお幸せ。 ご家族の温かいお心が伝わる親孝行ですね。 

キルトには、アルバムキルトやフレンドシップキルトなど キルトを順に回し、

皆で1枚作るキルトがあります。 お嫁に嫁ぐ娘さんや ボランティアで

施設に送るキルト などです。 パターンだけ統一して、あとは 手持ちの布で

おのおのが、廻ってきたキルトを見て、配色デザインするので 

出来上がりは 誰にも予測できない面白さがあります。 

スターターは 責任重大! 

キルトには 沢山の楽しみが隠れていて 深イイ 趣味。

この 季節は 大学や 就職で 離れる 息子さんにもたせるキルトを

セッセとキルティングして いらっしゃる方 も。 

                     春がすぐそこに 近づいてますね。 

|

« モアレ 入荷 | トップページ | アニマルバッグ »

作品紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モアレ 入荷 | トップページ | アニマルバッグ »